Love or Crown -いつかの日の女王たち―

———17世紀スペイン帝国、そこには絶大な力で国を支配する君主がいた。

その名は女王イザベル。腹心のジョルジュ、そして寵臣であり愛人でもあるロベルトを従えるイザベルだが、彼女を深く悩ませる者がいた。それはイベリア半島のもう一人の美貌の女王マリア。マリアは隣国ポルトガル女王であったが、貴族の内乱で国を追われ、スペインに亡命してきたのだった。かつて自分を侮辱し、自分の王位を脅かそうとするマリアを、侍女のアナと共に牢に捕らえたイザベル。しかしその処分をなかなか決断できない。そんな折、ポルトガルからやってきた青年モイセスは、女王マリア奪還の野望を抱いてロベルトに接近する。かつてマリアの恋人であったロベルトはこの事態に動揺するが———

黄金時代のスペインを舞台に、ふたりの女王の対照的な運命を、人間の愚かさに焦点を当てて描いたクラシカルプレイ。

cast

​イザベル 髙橋奈々

​スペイン女王で絶対君主。生まれたときから命を狙われつつ、壮絶な王位継承の争いを勝ち抜い王座を掴み取った。ロベルトを寵愛し重用してきた。現在、王配となる夫を選定中。

​モイセス 雪竹真咲

マリアを崇拝するポルトガル人。​マリアを救うためイザベルの暗殺を計画する。

​マリア すみれ

イザベルの愛人で、マリアの元恋人。

​イザベルの寵愛でアビリタス伯爵位と宮廷での地位を手に入れた。

​ジョルジュ 琴美

​モゲル男爵位を持つスペインの貴族で、イザベルの家臣。優秀で冷酷な女王の右腕。

​ロベルト reito

美貌のポルトガル女王。貴族によって国を追われた。過去に二度の結婚歴がある。生まれてすぐに即位し、蝶よ花よと育てられた世間知らずで信心深い女。

​ロベルトと交際していたことがある。

​アナ 服部香耶

​ポルトガルにいた頃からのマリアの侍女。マリアを妹のように愛する。愛情深い女性。

​・

     脚本・演出   Lisa

                    

  ピアノ     齋藤南帆

         衣装              すみれ

デザイン/カメラ     高津友美

 2019年8月9日~ 8月22日 

​G/PIT

                                                                                                          since  2017 . 04 . 22  ~

  • ホワイトTwitterのアイコン
  • ホワイトInstagramのアイコン